忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[443] [442] [441] [440] [439] [438] [437] [436] [435] [434] [433]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  「第15回産業用バーチャルリアリティ展」で思わず悲鳴を上げてしまった展示、4つの内の最後がこれだ。ごめん、写真撮ってなかった。
  「PHANTOM」というハードウェア(触感3次元マウスと呼ぶらしい)に「FreeForm Modeling Plus」というソフトを組み合わせたシステム。これが気持ちいいのなんのって。

  この展示は「バーチャルリアリティ展」じゃなくて同時開催の「なんちゃら展」(ごめんなさい、もう記憶が曖昧)をふらついていたら見つけた。「バーチャルリアリティ展」内でも「PHANTOM」は展示されていたのだけど、こちらは画面内のオブジェクトを3次元マウスでつついて動かすだけのもの。あんまり楽しくなかった。上のシステムをいじった後だったせいもあるが。

  「PHANTOM」のペンの部分はほとんど死角が無いぐらいにユニバーサルに動かせるようになっていて、画面内のオブジェクトをいろんな角度からつつけるようになっている。
  んで、画面内のオブジェクトに当たるとそこから先にはうんともすんとも動かせなくなる。フォースフィードバックが付いているのだ。
  ここでペンに付いているボタンを押すと、バーチャルなドリルが作動する。ドリルを作動させながらペンを画面内のオブジェクトに押し付けると、ここでもフォースフィードバックが効いていて、手応えを感じながら画面内のオブジェクトを削る事ができる
  画面内のオブジェクトを貫通するまで削ると、「スコッ」とフォースフィードバックの手応えが無くなって、物体を突き抜けた感触を得ることができる。リアルである。

  要するに「バーチャル彫刻マシン」である。もちろん削り過ぎたらアンドゥができてしまう。もう楽しいったらないったら。時間が許すなら、丸一日触っていたいシステムです。面白かったぞー。
  お値段は3ランク有って、いちばん高いのが400まんえんって言ってたかな?詳しくは上のリンク先をどうぞ。

872d9fb7jpeg   ちなみに「バーチャルリアリティ展」内では、「PHANTOM」とモニターをハーフミラーで合成させて表示できるシステムが展示されていた。要するに液晶ペンタブみたいなかんじで操作できる。「FreeForm Modeling Plus」の展示の操作系は、普通のタブレット風。わかるかな?




PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]