忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  さあ、もうすぐzalman3Dモニターが発売です。zalman3Dモニターを買うとStereoscopic Playerがもれなく付いてきます。普通に買うと6千円ちょいのソフトです。(私は普通に買いました。ああうらやましい。)これはつまりzalman3Dモニターユーザーが増える分だけ、Stereoscopic Playerのユーザーも増えるという事です。

  Stereoscopic Playerは色々多機能な素晴しいソフトですが、私が一番気に入っているのは
3D DVDを手間をかけずに気軽に見られる
という点です。
  3D DVDについてはそのうち解説しようしようと思いつつ、機会を逸しておりました。ちょうどいい機会なのでちょろっと解説などしてみましょう。

  とりあえずここでは「フルカラー」の立体映像が見られる「フィールドシーケンシャル」に記録された3D DVDのみについて解説していきます。何故って私がそれしか興味が無いから。

  残念な事に、3D DVDというのはほとんどが輸入盤になります。
amazon.comで買える3D DVDリスト
多分完璧ではありません。参考までに。

  ここでも買えるみたい。

  国産ソフトでは「愛の萌えメイド」というのが有りました。980円ぐらいになったら買おうと思っていたのですが、買い逃してしまったようです。もしかしたら既にレア物なのかもしれません。
  これはDV920専用ソフトとして売られていました。DV920はビデオ入力装備なので以下のような苦労も無しにDVDプレイヤー直結で3D DVDが楽しめます。いいなー。AV920でも多分いけると思われます。


  このタイプの3D DVDは「家庭用のブラウン管テレビ」に映した映像を「液晶シャッターメガネ」で見る事を前提として作られています。ご承知の通り、現在では滅びつつある規格です。DLPなプロジェクターや、DLPなリアプロならいけるらしいのですが、ちょっと気軽に手を出しづらい世界ですね。ちなみに、私の持ってるDLPなプロジェクター(NEC LT-150J)では立体視は無理でした。このへんを見ると、液晶プロジェクターでもいけるらしいのですが、今となっては詳細は謎です。

  「家庭用のブラウン管テレビ」で3D DVDを視聴するには、DVDプレイヤーとテレビの間に専用のハードウェアを接続する必要があります。例えば、これに付属してるやつ。このamazon.comの表示を見ると今でも買えそうですが、私が3年ぐらい前にオーダーしてみたところ、1ヶ月程待たされて「商品を用意できなかったのでキャンセル扱いにしちゃいました。どうしても欲しいならもう一回オーダーしてちょ」という返事が来たので諦めました。ちょうどアテックスさんで同じセットが値下げされていてamazon.comと同じぐらいの値段で買えたので、こちらで購入しました。現在アテックスさんは3D DVD関連の取り扱いを終了してしまったようです。
  このハードウェアは一年ぐらい前は海外で単品で扱っているところが有ったのですが、この記事を書くにあたって過去のブックマークを漁ってみたところ、全滅しておりました。ほとんど絶望的な模様です。これは3D DVDに関する記述が無いんだけど、どうなんだろう。

  3D DVDセットを入手したのはいいけれど、既に我が家には「ブラウン管テレビ」は存在しておりませんでした。PC環境で3D DVDを見るためにいろいろな方法を試みてみましたが、手間がかかるばかりで決定的な方法は得られませんでした。そのへんはくどくなるのでまた後で。
  そんな状況だったのですが、Stereoscopic Playerの導入で状況がガラリと一変してしまいました。3DDVDが本当にお手軽に見られてしまいます。なんと素晴しい事なんだ。

  Stereoscopic Playerは初期状態では3D DVDの再生はできません。こちらを参考に。これで手持ちの3D DVDはすべて再生できました。もしかしたらリージョンコードとかの問題が出てくる可能性がありますので、そのへんの対策は必要かもしれません。

[ 続く ]
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
もうひとつのタイプがあります
こんにちは。(気が進まないときはスルーして下さって結構ですよ)
3DのDVDには、紹介されたフィールドシーケンシャルのものと、SENSIOフォーマットと呼ばれるサイドバイサイド(BS11のあれと同じ)のものがあります。
オーストラリアのWoodsという有名な先生のページからリンクされている、http://www.3dmovielist.com/3ddvds.html
とかには種類が表示されています。
saratoga 2008/02/19(Tue) 編集
Re:もうひとつのタイプがあります
あれま、ちょうどそのページを見て、「S3Dって何よ?」と思ってたところでした。調べる手間が省けました。ありがとうございます。サイドバイサイドならば再生は問題無さそうですね。試しに買ってみようかな。
 【2008/02/19】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]