忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512] [511]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  またもやMTBS3Dさんから凄い情報です。
  February 02, 2008の記事。
Now YOU Can Create Anaglyph Video Game Movies!

  記事の内容は
「iZ3Dの最新ドライバでアナグリフなゲームのムービーを作れるぞ」
という事なのですが、私としては重要のなのは「iZ3Dのドライバにアナグリフモードが有る」という事です。iZ3Dのドライバはビデオカード依存無しに立体視が可能らしいのです。つまり、

nvidia以外のビデオカードでも
赤青メガネによるゲームの立体視が可能になる

という事になります。ドライバのみで実現されるので、iZ3D本体は不要です。
  さあ、RADEONな人も赤青メガネの世界へ飛び込もう。オンボードVGAな人もいけるかも。


・ 問題の最新版ドライバは1.07.0000です。私はMTBS3Dさんとこからダウンロードしましたが、iZ3Dのダウンロードページの物でも同じだと思います。
・ インストールすると「iZ3Dが繋がってないよ」というメッセージが出ますが、気にしないで大丈夫。
・ インストールフォルダ(\Program Files\iZ3D Driver)内の「Config.xml」を編集。
30行目ぐらいにある
    <NSMode Value="5" />
を、
    <NSMode Value="2" />
に変更してセーブ。これでアナグリフモードになります。NSModeのパラメータについてはここに解説が有ります。
・ iZ3D Control Centerの「Help」タグ内の「Dynamic test」をクリックするとテスト画面がアナグリフになっている筈です(ちょっと時間がかかります)。


  これでiZ3Dがサポートしているゲームは赤青メガネによる立体視がビデオカードを問わずに可能になると思われます、というのはリストの中に私が持ってるゲームが無い。皆さん試してみて下さい。噂ではiZ3Dのドライバはデキがいいとの事ですので、nvidiaな方も試してみる価値は有ると思われます。
  私が試してみたところでは、上のサポートリスト外のソフトでも立体視できる物は有るようです。「3DMark2001 SE」と「nvsttest.exe」でアナグリフが発動しました。インストールフォルダを覗いてみたところでは、立体視発動条件は「DirectX8かDirectX9対応」という事みたいです。

驚愕の発動例:

追記:
  なんとオフィシャルホームページにはiZ3Dの日本語マニュアルが用意されている!!これはかなり参考になります。

さらに追記:
  08/04/23に次バージョンのベータドライバがリリースされました
  どうやら今後のバージョンでは上記の「Config.xml」の編集作業は不要になるようです。メニューでアナグリフモードを選択できるようになっています。
  でもこのベータ版はうちでは上手く動いてくれませんでした。

もっと追記:
  08/05/21にまたもやベータリリースです
  今回はしっかり動いています。お勧め。

また追記:
  08/06/08に1.80正規版リリースです
  私としてはとりあえずケチをつける余地がありません。

おい大変だ
  08/09/06に1.90ベータリリースです
  立体視デバイスあらかた制覇です。もうほとんど無敵です。

さらに追記:
  08/12/31に1.10ベータリリースです
ぎゃー!!
  これはヤバいです。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
見えた!見えたよ!
どもです。
RADEONな私でも動きましたよ!しかも念願のGears of War もOK!
すっげぇ~ マーカスさんが飛び出てるぜぇ~
Gearsのキャラはガチムチの筋肉ダルマなんで、絵的には塊として捉えやすく立体感がとても良い感じです。
カバーOBJが多いのも立体感をすごく強めています。まさしく立体視のためのソフトっすよこれは!
空や一部の光り物に片側に視点だけ少々残像が出てしまいおかしく見える場所もありますが、おおむねおっけー
Convergenceの調整などでかなり良く見えるようになりました。
TriDefで動いていたトゥームのデモもOK!

気になった点は、インストール時になんかのDLL(失念)でエラーが起きましたよっていうメッセージが出たこととと、GoW起動中にiZ3DのControl Center が落ちたことぐらいですかね

今は手持ち型のグラスしかないので耳かけ式の買ってちゃんと遊んでみるつもりです。
いやこれホントにすごいですよ。
思わずニヤけてオレキモイですw

ちなみにnVIDIAが入ってる別のマシンでも問題なく起動しました。
ただしUnreal Tornament 3 だけは起動中に止まってしまうという現象がおきましたが・・・

情報アリガトウございました!
今後もぶろぐ注目していきますよ!
uno 2008/02/08(Fri) 編集
Re:見えた!見えたよ!
動作検証ありがとうございます。なにしろ推測で書いてますので(な、なんだってー!)、実際の動作報告は非常にありがたいです。
Gears of Warがほとんど違和感無く立体視できてしまうというのは、iZ3Dのステレオドライバの優秀さは噂どおりなのかもしれません。nvidiaステレオドライバだと立体視できたとしても、かなり表示が乱れそうな予感がします。

どうも理想的な検証環境をお持ちのようですね。できましたら今後も動作検証をお願いします。
私もGears of War欲しくなってきちゃったけど、6600GTじゃきついかな。あれまこれってお試し版無いんですね。
 【2008/02/10】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
立体だ、ああ立体だ、立体だ。
■「赤い双眼鏡」を買いました。  前から欲しかった物がお宝ショップで安く売ってたんで、ついに買っちゃったよ。  こっ、これはー!! お宝ショップにて4980円で売ってたので購入。 別の店でソフトが500円で売ってたので、6本ほど買ってきました。  おじさん、この赤い機械って、何?  これは「バーチャルボーイ」といって、任天堂が1995年に発売した、立体映像を売りにしたゲーム機なんだ。  「プレイしてると怪しい人に見られる」「大きすぎて携帯できない」...
URL 2009/02/26(Thu)12:28:28
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]