忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [39] [38] [37] [36]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  3Dfair2006に行ってきました。なかなか素敵なイベントでした。

  もっと写真撮りたかったんだけど、2回目の上映会が終ってから撮ろうと思ってたら、その時には展示はあらかた片付けられてました。ゴメンナサイ。

poster_01.jpgposter_02.jpg  いきなり実物大赤青メガネおねーさんポスターがお出迎え。
  11,000円だそうです。高いよ。なかなか迫力はありました。





  全体的な傾向として、現在はこっちの世界では偏光フィルター方式がメインになっているみたいです。至るところ偏光フィルターメガネだらけ。あと、いまや市場では見ることの無いシャープの立体視ディスプレイ立体視ノートパソコンが大活躍していました。きっと底値の時にこっち関係の人達がまとめ買いしたに違いない。

以下、印象に残ったものをインパクトの有った順に紹介。

裸眼立体視ディスプレイシステム PHILIPS 3D Display

http://www.nissho-ele.co.jp/product/philips/spec.html
  これ、今回の展示で一番気に入りました。42インチ、(立体視的に)広視野角、メガネ不要の裸眼タイプです。実用性を考えると、やっぱりメガネをいちいちかけるのは不便です。このレベルのディスプレイがお手頃価格になってくれるようになったら、立体視も普及してくれるのではないでしょうか。将来性を感じさせてくれる製品でございます。
  これは見る位置にもよるのかもしれませんが、物体が3D的に極端に手前に来ると、多少ブレを感じました。それ以外は問題無しの品質でした。他にも裸眼タイプは数種類展示されていましたが、この製品は明かにワンランク上を行っていたように思います。私、しばらく見惚れてしまいました。
  おまけに、nvidiaステレオドライバーにも対応しているそうです。私が見惚れていたら、PCゲームのデモに切り替えてくれた係員さんグッジョブ!!っていうかやっぱり私はそっち系の人間に見えますかそうですか。
  お値段は「200万ぐらい」とのことです。もうすでに市販されているようで、その気があるならご相談下さいとの事です。興味のある方は上のアドレスへどうぞ。

立体ハイビジョン上映システム
http://www.nhk-ts.co.jp/
  これもまた凄かった。ハイビジョン液晶TVによる立体視システムと、ハイビジョンプロジェ
クター2台を使った立体視システム
を展示していました。

  まずはハイビジョン液晶TVによる立体視システム
  市販のハイビジョン液晶TV(メーカー、製品名失念。ソニーだったかな?45インチ位?)と偏光フィルターメガネでハイビジョン3D映像を鑑賞できてしまいます。ええっなんでそんなことできるの?
  説明を聞いてみると、液晶パネルに特殊なフィルターを貼りつけてあるんだそうです。なるほど、これだ。 お話では今の所、市販は無しのレンタルのみとのことです。ああ、これだ。だけど、調べると売ってたりする。こっちはマイクロポールってなってるけど同じものなのかな。こんなのもあったりする。あっこれは知ってた。すげえうさんくさいなーと思ってた。こんな凄いものだったのか。全然知らなかった。
  この方式の立体視システムに関しては有沢製作所という所が深く関わっているみたいです。

  この"Xpol"による立体視システムも高品質なのですが、上映しているソフトがまた凄いクオリティなんです。ハイビジョンで3Dなんですよ。これも見惚れっぱなしでした。さすが天下のNHK。こっそりとすごいことしてるのね。

  すっかり見惚れていたら、「こっちにもあるんですよ」と係員さん。

vw50x2.jpg   なんとハイビジョン液晶の裏の壁の向こう側にはハイビジョンプロジェクター2台を使った立体視システムが設置されていたのです。ソニーのプロジェクターVPL-VW50を2台使っています。合計140万です。こちらも偏光フィルターメガネで鑑賞。もろIMAX方式です。

  立体視ヲタクとしては、ハイビジョンじゃ無くてもいいから死ぬまでに我が家で実現させてみたいシステムです。nvidiaステレオドライバーでも、Dep3Dというモードを使えば可能なはずなのです。これはもう、いくら見てても見飽きない。これ欲しい。

  説明から察するにこちらで上映されていたのは未編集、未調整の素材らしい。じゃんじゃんハイビジョン3D作品を作っている模様です。恐るべしNHK。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]