忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[857] [856] [855] [854] [853] [852] [851] [850] [849] [848] [847]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  この記事の続きです。

  どうにかならないもんかと、windows updateを覗いてみました。この場合のwindows updateはカメラを繋いだ状態で。

MCM-14BK_update_01.pngおっと!来てるよ。




  ついでにNVIDIA driver updateが有るのも気になるけど、それは後にしよう。

  これって要するに、ドライバアップデートですよね。
なんだ、ドライバ要るんじゃん。

  ここまでの過程を脊髄反射的に行なってしまって、アップデート中に後悔してしまいました。「しまった、アップデート前の状態の記録を取ってなかった。」でも安心です。
カメラを違うUSBポートに接続すると、アップデート前の状態で動作します。
つまり、USBポート毎にwindows updateしなきゃいけないって事?
おい、UVCって本当に便利なのか?
  まあ私みたいな人にはそのほうが実験がしやすくて便利なんですが。いや助かりました。

  ついでに、このカメラで使っているチップの名前を知ることができました。
vimicro VC0331
  でもこのチップのドライバダウンロードはやってないみたい。まあ「ドライバ不要なUVC」だからね。つまりドライバアップデートできるのはwindows update経由のみ。
おい、UVCって本当に便利なのか?
  ちなみに、この件については説明書に記載は有りません。むーん。


  アップデートが終了すると、キャプチャフィルタのプロパティがこんなふうに化けてしまいました。
MCM-14BK_update_02.pngMCM-14BK_update_03.pngMCM-14BK_update_04.png









  設定箇所も増えて、かなりまともになっています。なんだかフェイストラッキングまで付いてます。もっさりしてますが、640x480ならちゃんとフェイストラッキングします。それよりも何よりも、マニュアル露出が可能になっています!キャッホー!

  show_prop.exeの結果。
MCM-14BK_update.txt

  VideoProcAmp_Gainは相変わらずですが、CameraControl_Exposureはまともになってます。VideoProcAmp_Gainについては、それっぽい値を入れても以前と同様に反応無しです。封印されているようです。VideoProcAmp_WhiteBalanceも相変わらずマニュアル操作は不可。
  CameraControl_Zoom等がサポートされていないという事は、フェイストラッキングのズームとかパンはソフトオンリーでやっているみたいですね。そんな事やってる余裕が有るなら、GainとWhiteBalanceをマニュアル操作できるようにしてほしい。

  それから、アップデート前は動かなかったシェアウェア版のAmCapでも動くようになっています(他はまだ試してません)。


  という訳で、アップデート後の撮影サンプル。

[ 動画:MCM-14BKアップデート後 ]
  はい、マニュアル露出で秒30フレーム出るようになりました。ちょっと撮影条件が良くないサンプルですが、照明がちゃんとしていればそこそこに撮れそうな予感がします。CMOSは暗いところに特に弱いみたいですね。(あっ、テロップtypoしてる。もう遅い。)

[
動画:Qcam Pro for Notebooks参考 ]
  同条件での撮影参考。ちょっと絞りが甘かったか。
  猫が変わってますが、気にしない。名前はジェルソミーナちゃんです。ジェルソミーナちゃんとアニーちゃんは仲が悪いんです。んで、ジェルソミーナちゃんのほうが強いんです。アニーちゃん、場所を取られちゃいました。

  そんなこんなでやっぱりCCDは綺麗です。AviUtlに「ノイズ除去フィルタ」っていうのが有るんですが、今まで使った事が無かったんです。Qcam Pro for Notebooksだと効果が無いから。MCM-14BKのおかげでこのフィルタが使えるフィルタである事が判明しました。CCDとCMOSってそのぐらい違います。

  比較してみると、なんとなくMCM-14BKのほうが負荷が低いような。画素数の少なさが影響しているのでしょうか。そう考えるとるっきゅんでの撮影ではMCM-14BKのほうが有利な点も有るかもしれません。やっぱもう一個買ってみようかな。なんといってもこの小ささは魅力です。分解してこのへんに仕込めるかも。

  アップデートするといいことばっかりみたいだけれど、オート撮影専用として使う分にはアップデート前のUVCドライバ(って呼んでいいのかな)のほうが綺麗に撮れるみたい。むーん。

[ もう一個買ったら続く ]
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]