忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[472] [471] [470] [469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [462]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  今日は新宿へ「ルイスと未来泥棒」のDolby 3D版を見に行く予定だったのですが、いきなり気が変わって渋谷へ「ペルセポリス」なんていう映画を見に行ってしまいました。

  あーん渋谷は人が多いよー。怖いよー。

  たまたま「桂花ラーメン渋谷店」を発見。何と渋谷店は新宿店よりメニューが多い。

K3100364.JPG   「店主盛拉麺(テンシュモリラーメン)」つまり「桂花ラーメン全部入り」。
  なかなかよろしゅうございました。でもやっぱり桂花ラーメンは「太肉麺(ターローメン)」がいちばんだね。





  「ペルセポリス」ですが、何でこういう映画は渋谷でしかやらないんだよ、何の為にシネコンが増えてんだよ、プンプン。とか思いながら行ったのですが、うん、これは普通の人には向いてないかもしれないと納得してしまいました。いやしかし普通の人こそ是非こういう映画を見るべきだと思います。配給会社は普通の人をこういう映画に慣れさせる為にも、もっとこういう映画をじゃんじゃん普通の劇場にもかけるべきだと思います。そうすれば私も渋谷まで行かずに済むのです。

  映画は「嫌われ松子の一生イラン人バージョン」みたいな内容。いやあんなに悲惨な映画ではありませんが、とりまく周囲の環境としてはこっちも負けずに悲惨ですね。主人公の世代が「嫌われ松子」と結構近いので、私とした事が同時代の日本とイランの違いなんかを考えさせらりたりして面白いです。松子さんが日本であんな事してる頃、マルジ(ラーメン屋ではない)さんはイランであんな目に会ってたんです。私は両者の真ん中ぐらいの世代なので更に楽しめたりして。いや新年早々いい物見ました。

  劇場は「シネマライズ」なんていうとこなんだけど、いやなんだか場末の見世物小屋みたいな内装で、うーん。なんだけど、そんな事は映画が面白けりゃ関係無いや。更に私の知らないような映画の予告編がいっぱいかかって面白かった。中でも「非現実の王国で/ヘンリー・ダーガーの謎」という映画がなんだかヤバ面白そうな予感。行けたら見にいこう。

  これも見たかったんだけど、時間が無かったのでパスしちゃった。ああすごく見たい。まったく、何でこういう映画は渋谷でしかやらないんだよ、何の為にシネコンが(ry。


そして帰りは例によってアキバへGo!だ。

今日のお買い物:
・ まっくろポール完成の為に液晶保護シート。
  とりあえずいちばん安いのを。

・ SOCKET 939最強化セット。
  Athlon 64 FX-60(中古)が27,980円 + メモリ1GB(PC3200)x2が12,800円。
  いやOSをクリーンインストールした時にマザーボードのドライバ調べてたら、うちのマザーボードでもデュアルコア使える事に初めて気が付いちゃって。FX-60よりちょっと性能が落ちるぐらいらしいAthlon 64 X2 Dual-Core 4800+だとこないだ15,000円ぐらいで有ったんだけど、タッチの差で買い逃しちゃって。どうせやるなら最強だよ、という事で買っちゃったよ。あはは。
  メモリはお馴染みのパソコンショプ・アークで一旦開封の新古品がお買い得だったのでほえっと。ブランド物(SanMax)だけど、バルク並みの値段だよ。それでも今主流のPC2-6400とかと比べると全然高いけど。
  うーん、やっぱり無駄使いだっただろうか。いいの、私はSOCKET 939最強環境を目指すの。まだ自分で自分に誕生日プレゼントしてなかったし。
  わーい、やっとうちもデュアルコアだー。vmwareがすいすい動くといいな。デュアルコアでWebカメラ2台を並行ドライブさせたりできないのかな。ドライバ対応してないと無理かな。ああ、またプレステ3が遠くへ行ってしまいました。

  という訳で、明日からまたOS再インストールです。正月の予定がまったく狂っています。まあそんなもんさ。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いのちの食べかた
いつもながら管理人さんは幅広く映画を観てますね、感心感心。
さて、テレ朝のスマステーション(と言っても管理人さんはテレビが無いから知らないか)で毎月1回、スマップの稲垣吾郎が直近の映画から彼の選択眼でベスト5を選んでコメントするコーナーがあるのですが、そこで「いのちの食べかた」がベスト1に選ばれ、トレーラーを見ました。
我々が毎日食べてる食材がどのように作られているかを淡々と描いたドキュメンタリーですが、特に動物性食材の生産過程では必要なグロいシーンも、映像的には「無臭」、「無感情」に撮られていますが、う~ん、重いテーマですね。マーケットでパックになったお肉やケンタで美味しくフライされたものしか知らない若い人(今や40歳代以下)には知ってもらうべき、観てもらうべき映画だと私も思いましたし、「かわいそうだからクジラを食べないで」という理由で捕鯨禁止を叫ぶ欧米人こそよく観るべき映画だと思いました(私は捕鯨の是非を言っているのではない)。
この映画を観た結果、人々がベジタリアンになるならそれで良いし...
ちなみに私は高校時代、少し特殊なクラスに居たため、生物の授業で、今、薬害肝炎で話題の血液凝固のプロセスで重要な酵素フィブリンの働きを理解する目的の実験で、大量の血液を牛と豚のトサツ場にもらいに行き、そこで高圧電流の流れた5寸釘状の針が付いた棒で牛や豚の眉間をパコンと一撃して殺しちゃうところから商品としての各パートのお肉にされていくのを見せられました。
私はその経験で「オレは医者にはなれないナ」と進路を変えたダメな人間ですが、ベジタリアンにはならず、今でもお肉なり魚なり、感謝の気持ちで美味しく残さず食べるようにしていますね。
ROVER416T URL 2008/01/05(Sat) 編集
Re:いのちの食べかた
>稲垣吾郎のコーナー
噂で知っています。もちろん見たことはありません。
関係無いけど、私は動いているしょこたんも3回ぐらいしか見たことがありません。内1回はYouTubeです。動いて話をするしょこたんはブログで見るのとなんか雰囲気が違いますね。ああ、ぜんぜん関係無い話だ。

うーん、やっぱり「いのちの食べかた」面白そうですね。誰か私が渋谷に行きたくなるような渋谷情報をキボンヌ。

私は結構この手には強い方なんですが、以前「人体の不思議展を見た後でステーキを食えるか」という挑戦に敗れた経験があります。
 【2008/01/05】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]