忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  なんだか冗談みたいな話でちょうどいいからエイプリルフールネタにしてしまおう。なんたって今のところこれを確実に試せる人はこの世に三人しか確認取れてないから、本当のことだって他の人から見りゃあ嘘みたいなもんだ。いや本当のことなんだけどね。

  レンチキュラーディスプレイの実験・改良も順調に進んでおります。現在までにレンチキュラー化の確認が取れたものリスト。
plus one 4.3インチ (A+)
plus one 8インチ (A)

ThinkPad X200 (A)
E-mobile S21HT (C)
iphone
(B)
ipod touch (B)
アイオーデータ LCD-MF221XGBR (A)
LOOX U50WN (C)
 - 以上は私が検証。

MSI Wind U100
W51CA
Woooケータイ H001(!)
COOLPIX S570の背面液晶(!!)
PSP-2000
FlexScanL675
 - 以上はモニターをお願いしている@sachiikaさんによる検証。@sachiikaさんは私の期待のはるか斜め上な活用法で日々私を驚かせてくれています。ああ楽しいな。

いちおう試してみたものは
全部できちゃってる
という状況です。

  どうだ、冗談としか思えないだろう。でも本当だよ。

  ああ、これだけじゃあ初めての人はさっぱりわからないから、解説しておこう。レンチキュラーディスプレイっていうのは、つまり自作の裸眼立体視ディスプレイのことです。うわー、ますます嘘くさい。


  という訳で、いまさらですが通勤電車からあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

  ほんとうに去年はいろんなことがありすぎました。「人間、まとめにはいったら終りだよな」とか前書きして去年のまとめでも書こうと思っていたのですが、なんか忙しくてそれすらも無理みたいです。どうやら私はまだ終りではないようだ。


  去年の暮に「年内にこれだけはやっておきたい」と気合を入れて、こんなことやってみました。夢の

  いまいち理想的なアングルがみつかりませんでした。釈ちゃんごめん。

  すべて切替角25°な40LPI用。元画像は激重なので注意。そういうことはリンク先に書いておくべきだな。

  なんか感動なんすけど。

8インチのplus oneでもレンチキュラーいけそうだぞ。ぐふっ、ぐふっ、


まだつづくぞ。



  という訳で、MTM04終了しました。準備不足も甚だしく、恥かしい展示でありましたが、今の私にはあれがせいいっぱいです。あはは。

展示に使用したプログラム
  これとレンチキュラーレンズがあれば、自作裸眼立体視ディスプレイのできあがり。いやホント。解説は順次追記。

mkpic.exe
  静止画をレンチキュラーレンズ用に加工する。ひととおりの機能は付けたけど、アスペクト比固定はまだ。使いかたはほとんどここのと同じです。サンプルデータもこっちから取ってきてください。
  ピッチ参考:
plus one(LCD-4300U)
30LPI(切替角47°、裏返し): 23.006
40LPI(切替角59°、裏返し): 17.336
40LPI(切替角25°): 17.357
60LPI(切替角74°): 11.502
iphone, ipod touch
30LPI(切替角47°、裏返し): 17.091
40LPI(切替角25°、裏返し): 12.878
mkmovie.exe
  レンチキュラー動画を作成。かなり未完ですが、いちおう動画はちゃんと作れます。
・ 最初にファイル選択窓が出現しますが、ESPLIBの都合で表示対象が画像ファイルのみになってます。「すべてのファイル」を選んでください。今のとこ3x3な多視点動画専用。こんなの(ときしっくさん提供)。
・ 再生できるファイルの場合、「Startをクリック.」の表示が出ます。ESPLIB窓の「start」で変換しながら再生します。読めるのはaviファイルのみのようです。まだXvidでしか試してません。動画の読み込み部分はOpenCV依存です。
・ 遅いです。メインループが無駄だらけなので、最適化すればかなり速くなるかと思われます。
・ 動画そのものの作成は手軽な方法に逃げました。C:/bmpに動画の各フレームを連番な静止画で保存しますので、ffmpeg等で動画にしてください。[ 参考 ]
  こんなふう。別にH264じゃなくてもよさそうだけど。
> ffmpeg  -r 30 -i file_%05d.png -f mp4 -vcodec libx264 -flags loop -deblockbeta 3 -sameq dest.mp4
  iphoneの場合はこれでいけた。
> ffmpeg  -f ipod -i file_%05d.png -sameq -flags loop -deblockbeta 3 dest.mp4
mkchart.exe
  ピッチの調整をきっちりやりたくなったので、発作的にMTM04前夜に寝ないで作った。ピッチ調整用のチャートを作成する。これ使えばケータイ用のピッチ調整も可能だと思われる。
  PCだったらそのまま実行して調整、それ以外の場合は画像を保存してこんなふうにネットにアップするなりすれば良い。これはipod touchで40LPIの調整に使ったもの。
  この動画の4:00あたりでやっていることをモニターでやっているわけだ。でも使い方はわかりずらいですね。なんとかします。
lenticam.exe
  MTM04二日目に向かう電車の中で作って、開場直前に仕上げた。という訳で初日に来た人ごめんなさい。読んで字のごとく、USBカメラ2台の映像をリアルタイムでレンチキュラー用に変換。
 



まさかできちゃうとは思ってなかったんです。本当です。なにげに前記事の800x480動画をアップしてみたのですが、なんとこれが立体視可能です。
前記事と同じく、plus one+40LPIなレンチキュラー用です。前記事と同じく、この条件を満たす人が(ry
いやしかし、ターゲットの再生環境を限定すれば、例えばiphoうわなにをするふじこ



ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]