忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[881] [880] [879] [878] [877] [876] [875] [874] [873] [872] [871]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  ごめんなさい、私ナメてかかってました。公共施設で上映される作品なんていうのは所詮それなりのものなんだろと思いこんでいました。
  あの手作りプラネタリウムのヒゲキタさんお勧めの作品という事で、「じゃあ見てみっかなー」程度の気持ちで見に行ったらば、これがもうとんでもない。いいもの見ました。ヒゲキタさんありがとうございます。

  Make: Tokyo Meeting 02のために八王子に行ったついでに、サイエンスドーム八王子で4k上映中という事なので鑑賞してみたのですが、ここのドームがまた凄い。
  なんと直径21メートル。落ちついて考えてみると、スクリーン面積的には品川IMAXシアターと互角です。このドームスクリーンに4K上映です。多分都内では一番デラックスな「銀河鉄道の夜」の上映環境でしょう。ちなみにこの場合の「4K上映」というのは、4Kプロジェクターによる上映ではなくて、ドームスクリーンに6台のプロジェクターで投影している合計で4kという事だそうです。
  あ、ちなみにこれは立体じゃないです。2D作品です。でも結構立体感あります。

  結構判りづらかったので、サイエンスドーム八王子ガイド。
・ JR八王子駅に着いたら北口のバスターミナルへ。ホームページの案内では、「平日、土曜日の朝10時30分までは、14番のりば発となります」と書いてあるけど、そんな事はなかった。バスターミナルの係員さんに「サイエンスドーム」行きのバスを聞くのがいちばん早いぞ。
・ バス料金は170円。歩いて行けない距離ではなさそう。
・ 「サイエンスドーム」の停留所を降りると、いきなり途方に暮れてしまう。地図をしっかり確認しておこう。バスが過ぎ去った反対方向にちょっと歩くと、曲がり角に大きいけど地味なサイエンスドーム八王子の看板が有る。そこを曲がればすぐにサイエンスドームです。
・ 入場料はプラネタリウム料金を合わせて700円。中の設備は新しめで、常設展示もかなり面白いぞ。

  いきなりプラネタリウムから始まって、「おい俺が見たいのは銀河鉄道の夜だぞ」という気分になってちょっと焦りますが、ちゃんと「銀河鉄道の夜」はプラネタリウムの後に上映されます。安心して下さい。っていうかこのプラネタリウムも結構のめり込めます。最初はちゃちく見せておいて、段々本格的になっていく見せ方が上手いのよね。さりげなく「銀河鉄道の夜」関連の内容になってるし。

  んで、本編が始まります。序盤はいまいちなんですよ。普通に大画面映像かなって感じ。それでも充分凄いんだけど、シンラドームみたく思わず声が出るっていう程じゃない。
  だけど中盤の「さそりの話」が出てきたあたりからなんだか私入っちゃってました。後ろのお子様がうるさかったらしいんだけど、全然気にならない。ほとんどトランス状態。時々はっと我に帰ると、目が汗をかいている。最後までずっとそんなかんじ。

  「なんだか凄い体験をした」という気分です。これが4kの威力なのか、それとも元の映像の持っている力なのか、非常に興味が有るので後で比較検討してみたいと思っています。とにかく「サイエンスドーム八王子のKAGAYAの銀河鉄道の夜」は最高にお勧めである事は間違いありません。

  ちょっと気になったのは、最後の星空で特に良く見えたんだけど、映像が一部ダブっていた。プロジェクターがちゃんとシンクロしてないのかな、とも思ったんだけど、きっちり分割投影してるならああいうダブりかたはしないはずだ。んじゃあ元データからああなってるのかな。謎である。
  あとはスクリーンの継ぎ目が見えてしまうのはやっぱり気になりますね。シンラドーム見てなかったら「まあしょうがないか」で済んでたんだろうけど、見ちゃったもんはしょうがない。


  結構日本全国各地で上映中です。お近くの方は是非どうぞ。私の家の近所の葛飾区郷土と天文の博物館でも通常版のデジタルバージョンで上映されてる。比較の為に今度見に行ってみよう。
  他に注目すべきは、さいたま市宇宙劇場は70mmフィルムによる上映、福岡県青少年科学館レーザープロジェクタによる4K上映なんだそうです。レーザープロジェクタハァハァ。


  んで、見た後にすごく気になるのは「KAGAYAの銀河鉄道の夜」の「KAGAYA」って何よ?って事です。はい、こういう事です。
KAGAYAプロフィール
  へー。ホームページはこちら。
KAGAYA Gallery
  メイキングもあります。

  DVDも発売されている。でもやっぱりこれはドームで見ないと。でもDVD版は上映版より時間が長いそうだ。このへんの違いはWikipediaが詳しい。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]