忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[1148] [1147] [1146] [1145] [1144] [1143] [1142] [1141] [1140] [1139] [1138]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  んで、国際フラットパネルディスプレイ展の帰りにパナソニックセンター東京寄ってきました。アニメフェアの時は時すでに遅しで閉館していたのです。今回も閉館ぎりぎりで20分ぐらいしか見られなかったんだけど。

  パナソニックのフルHD 3Dシアターシステムは一見の価値ありです。
とにかくお台場に行ったら
ついでにMEGA 3D 360
とパナソニックセンター東京も見ておけ!!

  またお薦めが増えてしまいました。歩きで20分ぐらい離れてますが。


  いきなり入り口入ってすぐにフルHD 3Dシアターシステムいっぱいです。気合い入ってます。最初は入り口正面の2台だけかと思って油断してたら、奥のほうにもあるわあるわ、全部見る前に閉館で電源落とされてしまいました。ああ悔しい。

  専用メガネの電源の入れかたがちょっとややこしい。パナソニックセンター東京の展示なら係のおねえさんがたくさん居るから問題無いだろうけど、店頭デモするようになったらこれはビックカメラのBS11デモに近い障害になりそうな気がする。ちょっぴり不安だ。

  よく言われている「わざわざメガネをかけてテレビ見るやつなんか居ねーよ」論なんですが、私もそう思います。よって私は裸眼ディスプレイ派です。
  だけどね、このパナソニックのプラズマ3Dシステムを見ると逆の考えが出てきます。「これはわざわざメガネをかけて見る価値のある映像です」。ほんとに綺麗なんだから。

  さらに考えてしまいます。
  ここ数年映像が世の中に氾濫し過ぎて、映像の相対価値が下がっています。通しで真剣に映像を見ているひとってかなり減っていると思います。この「わざわざメガネが必要な」システムは、そんな人達にも改めて映像を真剣に見てもらえるようになる可能性を持っているのではないでしょうか。そんなことを考えてしまいました。

  以前にCEATECで初見したときにもいろいろ考えさせられてしまって私に真面目な事を書かせてしまったパナソニックのフルHD 3Dシアターシステムなんですが、今回もまた私に真面目な事を書かせてしまいました。これはそのぐらいの完成度です。パナソニック恐るべし。

 あ、検索ワードいれとこ。3D VIERA 3Dビエラ

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]