忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[1149] [1148] [1147] [1146] [1145] [1144] [1143] [1142] [1141] [1140] [1139]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  いやね、私としてはこの作品は「アバター」と並ぶ期待作だったんですよ。ところがどっこい、いざ見てみたら「ふにゃー」ときました。立体映画の今後にいきなり暗雲たちこめている予感です。やばいです。

  予告編を見たときから不安だったのが主役のアリスさん。私のイメージではアリスさんといえば「むちむちのぷにぷにの炉利炉利」なんですが、この作品のアリスさんは目の下にくまできたがりがりのおねえさんだ。まあこのへんは本編見れば納得できることなんだけど、だったらディズニーアニメの「不思議の国のアリス」を尊重してしかるべきだと思うのに、
なによこのナルニア国物語。

  なにか煮え切らないものを抱きつつ映画見た帰りに本屋寄ったら「アリス・イン・ワンダーランドコーナー」なんかできてたりして、そこに置いてあったメアリー・ブレアさん画の「ふしぎの国のアリス」のえほん(あれ、なんかネットで調べるとデッドストックだ。亀有のTSUTAYAで平積みだったよ。)なんか読んじゃったりしたからもう大変だ。不満大爆発だ。
もう我慢ならん。
駄目だ、
こんなの全然駄目だー。
  [ 回想シーン ]だけはすごく良かったとネタバレ防止の伏せ字で書いておこう。あー、あと立体視的にはエンディングも良かったかな。


  そうです、この映画はなんと立体映画なんですよね。さんざん前情報が出てるので知っているとは思うんですが、この映画は2D->3D変換な立体映画です。
  やっぱ2D->3D変換ってデカいスクリーンでは無理がありますね。以前の「ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニーデジタル3-D(TM)」(長いよ)ぐらいだったら普通の映画に奥行きつけた程度で「ああ、がんばってるね」で済まされてたんだけど、この映画は立体感狙った画面で立体感がハンパだからかなり困ってしまう。私としたことが、「これ2D映画でいいじゃん」とか思ってしまいました。なんてこったい。
  いやこれは私が今回も最前列鑑賞してしまったせいかもしれないけど。


  そういえば劇場情報を忘れていた。MOVIX亀有シアター3、B-10にて吹替版を鑑賞[ 座席表 ]。どセンターの席では最前列です。車椅子席の後ろだからそんなに極端に前じゃないべー、という判断でいってみたら、ドンピシャです。こないだのアバターの経験からいくと、最高の席です。

  でも結果は上のとおり。もしかしたらこの作品は最前列向けじゃ無いという可能性もあります。もう一回後ろめの席で見直したほうがいいかなとも思ったりしますが、ごめんなさい、ちょっと今のところもう一回見たいという気分にはなれません。IMAX Digital版だとまた違うのかなとも思いますが、今川崎まで映画見に行けるほどリッチじゃないのよ。

  この映画、序盤はすごく画面が暗いです。しばらく暗めの画面で立体感もショボショボな状態が続きますが、怒って帰らないように。私も「あれ、この小屋外れかな」と不安になってしまいましたが、途中からいきなり明るくなります。どうやらこれは演出のようです(まったく外してますが)。

  ディズニーのタイトル文字にちょびっとプロジェクター風のすだれが見えましたが、他はピクセル感も無くいい状態でした。やはり小さめの小屋のXpanD上映は最前列鑑賞には良さげな雰囲気です。アバターだったら多分最高だったのに。


  あ、それから今回は「ここから3Dメガネをかけてね」の表示が出てきました。MOVIX亀有で見るのはたぶん初めてです。
  出てくるのはいいんだけど、これは「アリス」本編の頭にくっついている状態で、つまりは本編の一部です。
・ 最初に3Dメガネが必要な3D予告編が流れて、
・ 3Dメガネが不要なあの海賊版防止キャンペーン(新しくなってたよ)が流れて、
やっと「ここから3Dメガネをかけてね」の表示が出て、
・ 3D本編が始まります。
てめえ、
客をナメてんのか。


  ちなみに「アリス・イン・ワンダーランド」は当初から立体映画にする事を前提として製作された映画です。2D->3D変換を採用したのは製作上の理由からだそうです。つまり計画的犯行です。
  「立体映画が流行ってるみたいだから立体にすんべー」という無計画な理由で急遽2D->3D変換されたという「タイタンの戦い」はどんな仕上りになっているのでしょうか。ワクワクテカテカ期待大です。さあ困ったぞ立体映画。どうなる立体映画。


今回の鑑賞直後の素直な感想
さらに気になったこと
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]