忍者ブログ
サブタイトル:「mer2のマイノリティ・レポート(笑)」 --- 最近忍者ブログの仕様が変わったようで、一部の画像が見えなくなってますが、画像のURLコピペで見られます。(どうしよう困ったな) --- ご用件など、ございましたらtwitterまでどうぞ。
[380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  そういう訳で「CEATEC JAPAN 2007」レポートです。
  私はこういうメジャーな催し物はあんまり興味が無いんです。だいたいの情報はネットで公表されるし、人多そうだし。
  しかし、「スターウォーズ3D」の上映が有ると聞いては動かずにいられません、というか身体が勝手に動いてしまいした。当日入場料1000円払って見に行ってきました。


Dolby 3D Digital Cinema
  なにはともあれ、真っ先にこれです。
  CEATECの会場地図を見てみると、ドルビーのブースは入場受付をしたところからかなり遠い。5分くらい歩いてドルビーのブースに到着してみると、Dolby 3D Digital Cinemaの上映は特設会場で行なわれているとのことで、また更に5分くらい歩く。以後もこの手の移動の連続で、結構疲れました。幕張メッセ広過ぎです

  ドルビー特設会場での上映内容は以下のとおり。トータル15分ぐらい。

前半:
  今回のCEATECで初公開らしい技術の「ドルビービジョン」の解説。液晶テレビの黒浮きを解消する画期的な技術だそうです。
  いや確かに凄い技術だけど、私達が見たいのはDolby 3D Digital Cinemaのスターウォーズ3Dなんだけど。どういう事?結構長かった。もちろんこの解説上映では3Dメガネは不要です。

中盤:
  さんざん待たされて「3Dメガネをかけて下さい」のアナウンス。やっとDolby 3D Digital Cinemaの上映開始です。
  冒頭にDolby 3D Digital Cinemaのトレーラー。カウントダウンしていって最後にDolby 3D Digital Cinemaのロゴが出てくる。もちろん3D。カウントダウン部分は他で見た事あったような気がするんだけど、どこで見たんだっけな。途中でフィルムが燃えるやつです。
さあいよいよスターウォーズ3Dの始まりだ!
  …あれ?エピソード2だ。上映されたのはエピソード2序盤のカーチェイスのシーン。垂直落下走行でアナキン「ヒョー」のあたりから、「This is shortcut」のショートカットを抜けるところあたりまで。そんだけ。
  確かに見事に3D化されてたけど、
普通「スターウォーズ」って言ったら
エピソード4でしょうに

  私はスターデストロイヤーゴゴゴとか、テカテカC-3POとか、X-WINGが手前にドギューンっていうのとかが3D化されてるのを期待してたんだけど。まさかこれだけで終りってことは無いだろうな。あれ、終わっちゃったみたい。

ラスト:
  謎のCGアニメ。もちろんDolby 3D Digital Cinemaです。
  宇宙ロケット(アポロ型)の打ち上げシーン。宇宙飛行士とかオペレーターとかのキャラクターはなんか地味なデザイン。
  ロケットが無重力域に入ると、ロケットに忍びこんでたやたらにバタくさいデザインの小さな生き物が3匹出てくる。こいつらが主役のアニメみたい。多分虫だと思う。緑色だったからカエルかもしれない。ネズミじゃないと思う。もちろん宇宙服を着ている。
  いきなりBGMに「青いドナウ(直訳)」が鳴り始め、この3匹が延々と固定画面のワンカットで宇宙遊泳のコメディーを開始する。
  もうベタベタ過ぎて困ってしまう内容ですが、「延々と固定画面のワンカット」のシーンは3D映画ならではの演出です。計器パネルをバックに小さめのキャラクターが画面内のあちこちを漂いまくって、最後に手前にやって来る。これを2Dで見せられても面白くもなんともないでしょう。多分3D専用映画なのでは。


  …てなかんじです。ここに書いてあるような「顔の真横をすり抜けるロケットや目の前まで飛んでくる破片」はありませんでした(ロケットは有ったけど、期待してた物とはちょと違う)。
  IMAGICAの試写はどんな内容だったのだろうか。すごく気になる。

  多分3回は見るだろうと思って、見る前は係員さんに「これって何回も見ていいんですよね、ね?」と念を押したりしてしていた私でしたが、他の展示に夢中になっていたら、見るのを忘れてしまっていました。結局1回しか見ていません。

  上映内容はかなり残念でしたが、Dolby 3D Digital Cinemaの技術はかなりのものです見ていて不満な点は全く有りませんでした。特殊なスクリーンも不要で、映写機の置き換えだけでこれが実現できてしまうというのだから、本当に凄い。ドルビー恐るべしです。
  日本でも是非とも普及して、「スターウォーズ3D」全国公開まで持っていってほしいものです。そしてこの技術を家庭用に!ドルビーならありえない話じゃないと思います。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ついったやろうぜ
ブログ内検索
検索エンジンから来た人、思った結果が出なかったら再検索してちょ。
最新コメント
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[08/27 BernardSr]
[12/29 GroverIcow]
[12/26 gayenKinesl]
[12/25 gayenKincfv]
[12/25 geRoesonokp]
[12/24 geRoesonmxu]
[06/30 LindsayDom]
[06/24 Ayukupim]
[06/22 francinerj2]
[06/21 Karsewis]
[06/17 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Porsulik]
[06/16 Amimior]
[06/15 WilfordMof]
[06/11 lakeishatb1]
[06/04 Mathewlomi]
[05/31 tiopomWarriorvrp]
[05/31 Lasdumor]
[05/29 Aredorer]
[05/27 IMPUCKICT]
[05/26 Asosans]
[05/24 RaymondZice]
アクセス解析
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
mer2
性別:
男性
趣味:
野良猫の餌付け
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © PCで立体視してみるぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]